排水管のつまり除去専門・緊急対応可 Kクリーン|東京・神奈川・埼玉

排水管のつまり除去作業・緊急対応いたします!東京・神奈川・埼玉 出張見積もり無料!

ホーム最新作業事例 ≫ トイレ ≫

お知らせ・最新作業事例

小便器つまり

小便器
本日は、飲食店様んからのご依頼のお話です。

メールフォームからのお問い合わせがございました

内容としては
男子トイレの小便器が流れず床に溢れてきたので対応してほしいとのお問い合わせでした
後日、現場に向かい状況を確認
まずは、簡易的なポンプ作業をしてみましたが一切流れず・・・
この段階で原因がほぼ判明
原因は、尿石です
小便器のつまりの原因は対外、尿石が配管を塞いでしまうケースがほとんどです
このような状態の場合は、作業を尿石除去作業に切り替えます
*尿石除去作業とは・・・
排水管内の尿石を高圧洗浄にて細かく砕き洗い流す作業です。もしくは吸引します
通常の高圧洗浄とは違い
便器を取り外し、内視鏡カメラで排水管内の尿石状況を確認して
確認してしつつ高圧洗浄で細かく砕き除去する作業です。
大変に時間のかかる作業です。

お客様にご説明の上、日程を改め作業日を決めさせていただきました。
改めて作業いたします。

 
2021年09月06日 19:13

排水管カメラ調査

施工事例:M様2
トイレが頻繁に詰まるから排水管内を調査したいとのご依頼がございました
後日、現場に到着
5階建てオフィスの4階の男女トイレが流れないようでした
お客様に建物の築年数をお聞きしたところ
約築40年

ポイント1
築年数を確認
築年数により配管の部材がわかります
その部材により洗浄ができるのかをおおよそ判断いたします。

おそらくは鋳鉄管を使用していると思い
男子トイレからの床の掃除口から内視鏡カメラで
配管内を確認したところ、やはり鋳鉄管を使用

ポイント2
鋳鉄管のつまりの場合は
内部の鋳鉄管の錆に錆が付着して年々大きくなり排水管内部を塞いでしまう事がございます。

鋳鉄管内部の錆にペーパーが引っかかり排水不良を引き起こしていることがわかりました。
つまりの原因が判明。

築年数と排水管内部の状況をみると
高圧洗浄の耐久に耐えられない可能性があると思い
洗浄は断念致しました。

ポイント3
内部の錆の状況が悪い鋳鉄管の場合
高圧洗浄に耐え切れず漏水する危険性がございます。

 
2021年09月05日 18:36
メールでのお問い合わせはこちら
屋号
Kクリーン
本社所在地
〒190-0182 東京都西多摩郡日の出町大字平井1033-47
     
支社
     
〒197-0804 東京都あきる野市秋川5-2-10
営業時間
9:00~18:00
定休日
なし(年中無休)
TEL
042-588-4187
設立
2021年
事業内容
戸建住宅・集合住宅・店舗等の排水管のつまり除去
グリストラップ清掃、洗浄/雑排水管洗浄/汚水管洗浄
雑排水槽洗浄/汚水槽洗浄/集合住宅全体定期排水管清掃
メンテナンス排水管洗浄/汚水管尿石除去洗浄
排水管ファイバースコープ調査

モバイルサイト

 KクリーンスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら